【iPhoneやiPadでハイレゾやロスレスを楽しむ方法】適切な変換アダプターとおすすめDACアンプの選び方【2024年版】

PR

【iPhoneやiPadでハイレゾやロスレスを楽しむ方法】適切な変換アダプターとおすすめDACアンプの選び方【2024年版】

Apple製品を愛用している方でも、有線でつなげばAACコーデックの限界を超えてハイレゾ音源をフルに楽しむ方法があります。

注意点

iPhoneはワイヤレスイヤホンだと仕様上ハイレゾに対応できず、有線でも【48kHz/24bit】までしか対応していないため、【192kHz/24bit】など【48kHz/24bit】を超える音質で音楽を聞く場合は別売りのアンプをつなぐ必要があります。

Appleのイヤホンやヘッドフォンは主に有線接続でのみハイレゾ音質をサポートしていますが、正しいアクセサリーを選ぶことで、その制約を乗り越え音楽の細部までクリアに楽しむことができるようになります。

有線は遅延もないためゲームや映画鑑賞でも快適に使用可能です。

Appleデバイスで高品質な音楽体験を実現するための適切な変換アダプターとDACアンプをご紹介いたします。

ハイレゾやロスレスって何?と思われる方はこちらの記事を参考にしてください。

【音質編】ゼロから(初心者でも)わかるワイヤレスイヤホン専門用語解説【Android & iPhone対応】

Apple純正Lightning 3.5 mmヘッドフォンアダプタ

  • Lightningケーブル端子があるiPhoneやiPadと3.5 mmヘッドフォン(イヤホン)を有線でつなぐと【48kHz/24bit】までのロスレス音源を楽しめます。
  • 【48kHz/24bit】を超えるハイレゾ音源を楽しむためにはDACアンプ搭載アダプタが必要になります。
  • 手頃な価格で通常よりもいい音質で音楽を聴きたいアップルユーザーにおすすめです。※Lightningケーブルを直接差し込めるイヤホンをお持ちであれば必要ありません。

Apple純正USB-C 3.5 mmヘッドフォンアダプタ

  • USB-Cケーブル端子があるiPhoneやiPadと3.5 mmヘッドフォン(イヤホン)を有線でつなぐと【48kHz/24bit】までのロスレス音源を楽しめます。
  • 【48kHz/24bit】を超えるハイレゾ音源を楽しむためにはDACアンプ搭載アダプタが必要になります。
  • 手頃な価格で通常よりもいい音質で音楽を聴きたいアップルユーザーにおすすめです。※USB-Cケーブルを直接差し込めるイヤホンをお持ちであれば必要ありません。

RK-DA70LK(Lightningケーブル端子用DACアンプ)

  • Lightningケーブル端子があるiPhoneやiPadと3.5 mmヘッドフォン(イヤホン)を有線でつないで【48kHz/24bit】を超えるハイレゾ音源を楽しめます。
  • MFi認証を取得しており、CD音源(44.1kHz/16bit)の約17.4倍もの情報量を持つ【384kHz/32bit】まで対応。
  • 【48kHz/24bit】を超えた高音質で音楽を聴きたいアップルユーザーにおすすめです。※高音質になるほどデバイス側のバッテリー消費が早いので注意が必要です。

RK-DA70LK(USB-Cケーブル端子用DACアンプ)

  • USB-Cケーブル端子があるiPhoneやiPadと3.5 mmヘッドフォン(イヤホン)を有線でつないで【48kHz/24bit】を超えるハイレゾ音源を楽しめます。
  • MFi認証を取得しており、CD音源(44.1kHz/16bit)の約17.4倍もの情報量を持つ【384kHz/32bit】まで対応。
  • 【48kHz/24bit】を超えた高音質で音楽を聴きたいアップルユーザーにおすすめです。※高音質になるほどデバイス側のバッテリー消費が早いので注意が必要です。

ハイレゾ対応有線イヤホン(3,5mmプラグ対応)

  • どのショップで探しても「ハイレゾ対応 イヤホン 有線」で検索できます。
  • この機種はほんの一例です。ハイレゾ対応のイヤホンをお探しの方はレビューを参考にして理想の一品を見つけてみてください。
日ノ本
日ノ本

有線になってしまいますが、iPhoneやiPadでもハイレゾを聴くことは可能です。

ワイヤレスイヤホンとは違う音質を体感してみると、音楽の新たな一面が垣間見えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA